KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Targeted Ads Along the Highway

幹線道路沿いのデジタル・サイネージで車種のターゲティング広告

走行中の車種を機械学習で識別し、適切な広告を表示する道路広告をロシアのアドテク企業が開発した。高級車の広告を年式の古い高級車のドライバーに表示する、といったWeb広告の方法を、現実世界で実現する。 by Nanette Byrnes2017.03.03

昨年11月にモスクワ環状道路をBMW x5かボルボXC60で走っていたら、道路脇のデジタル広告板(デジタル・サイネージ)に接近するとジャガーの新型SUVの広告が表示されるのに気づいたかもしれない。

夕方なら、広告の背景は暗闇で車が際立って見え、悪天気だったら、雪の中で巧みに走っている内容だったはずだ。

ターゲティング広告とはインターネットの利用履歴に基づき、ユーザー別に表示される広告のことだ。スタートアップ企業のシナプス・ラボ(Synaps Labs)は、広告板の手前(約180m)に設置した高速カメラで車の画像を撮影することで、ターゲティング広告を現実世界に実現した。画像内の自動車を機械学習システムで認識し、広告のターゲット車種が通過すると、入札システムが広告板に表示する広告を選択する仕組みだ。

道路脇の広告板を自動車の宣伝に使うのは合理的だ。では、その種の広告にはどんなバリエーションがあり得るだろうか? 運転している車種から、広告主はドライバーのさまざまな属性を読み取れる、とシ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント