KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!
eムック Vol.50「再考『デザイン』特集号のご紹介
TR
eMook Vol.50 has now arrived

eムック Vol.50「再考『デザイン』特集号のご紹介

MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.50 / 2023.06をリリースした。「再考『デザイン』 アイデアに形を与える力」をテーマにお届けする。 by MIT Technology Review Japan2023.07.25

私たちが今日、接するものはすべて誰かによってデザインされている。1日に何時間も見つめるスマホ、日々の移動に使うクルマや電車、あるいは身に着けている服もそうだ。こうした「デザイン」という言葉の意味は、時代とともに変わってきた。今日的な意味の起源は、建築物の図面を描く行為にあるとされるが、さらにさかのぼると、もっと幅広い意味で「形を与える」という意味を持っていたという。AIなどのテクノロジーの進展や、多様性や持続可能性への対応によって、デザインの意味は再び変わりつつある。その一端を示す動きを紹介する。

MITテクノロジーレビュー[日本版]eムック Vol.50 / 2023.06

特集:再考「デザイン」 アイデアに形を与える力

  • 「デザイン」の意味を再定義する
  • 世界を変えるはずだった 「デザイン思考」のその後
  • 現存する最古のメタバース、 ウルティマオンラインの教訓
  • 「オルタナティブ義肢」 ムーブメントの先導者たち
  • 新薬開発を根本から変える「AI創薬」の真価

U35 イノベーターの軌跡#02

  • 御手洗光祐(大阪大学)
    「実用」にこだわり続ける量子アルゴリズム研究者

News&Trends

  • 脳スキャンで話し言葉を解読、非侵襲型BCIでは初
  • ヒトの多様性を説明、新たなゲノム地図「パンゲノム」
  • メタ、1000言語以上に対応した音声認識・生成モデルを公開
  • VRに「匂い」をもたらすパッチ型のウェラブル・デバイス
  • 風力発電のゴミ問題に解決策、ケミカル・リサイクル法を実証

eムックは、MITテクノロジーレビューのWebサイトに掲載したオリジナル記事をテーマ別に再構成し、PDFファイルとして提供する有料会員限定のサービスです。バックナンバーおよびダウンロードはこちら

人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #29 ブームから1年、次のトレンドを占う「生成AI革命3」のご案内
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #29 ブームから1年、次のトレンドを占う「生成AI革命3」のご案内
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る