KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
 合成したクモの糸でネクタイを作った? だから何?
Synthetic Spider Silk for Sale in a $314 Necktie

合成したクモの糸でネクタイを作った? だから何?

夢の新素材として期待された人工のクモの糸を使った314ドルのネクタイが限定発売中だ。素材の特徴を活かさない製品の登場に、何の意味があるのか? by Katherine Bourzac2017.03.13

今後実現が期待できるテクノロジーといえば、カーボン・ナノチューブ製の軌道エレベーターや体を内側から治すナノ・ロボット、クモの糸製の防弾ベストなどがある。ただし、クモ由来の素材で作った製品ならすぐに手に入る。クモの糸製ネクタイが314.15ドルで限定発売されたのだ。

https://youtu.be/-2_NqlRjcuk

ボルト・スレッズは、世界で初めてクモの糸をネクタイとして商品化した、と金曜日に開催された「サウス・バイ・サウスウェスト」カンファレンス(テキサス州オースティン)で発表した。ボルトのデビッド・ブレズラー最高科学責任者(CSO)は、ネクタイ製造により、クモの糸製の繊維や生地を大量生産できることを示したいという。

しかし、伊勢丹メンズ館やブルーミングデールズ(米国の高級デパート)でクモの糸製の商品がすぐに並ぶわけではない。ネクタイは土曜日から、ボルトのWebサイト上で50本のみ予約受付中だ。ブレズラーCSOは、ネクタイは展示用であり、もっと多くの人に使える商品は後日発表するというが、商品の詳細については口を閉ざした。

クモの糸の性質は、バイオマテリアル研究者はもちろん、一般の人々までしばしば注目してきた。クモの糸のタンパク質 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント