KADOKAWA Technology Review
×
【本 日 最 終 日】10/31締切 日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Sensing the Inevitable, Companies Begin to Adapt to Climate Change

気候変動対策は事業戦略
先進企業が取り組み始めた

気候変動を事業戦略に取り入れる企業はまだ少ない。だが、少数の先進企業は、売上を守り、損失を防ぐために、本気で対応を始めている。 by Nanette Byrnes2016.05.23

アジア最高層の建物であるだけでなく、中国の強力な経済力の象徴でもある上海タワーは、1フロアごとに1度ずつねじれて、最上階の121階までらせん状に伸びるファサードに外側全体を覆われている。ガラス製ファサードには2万1000枚以上のパネルが使われ、複雑にカーブした美しいデザインは、上海タワーの大きな特徴だ。またこのデザインは、タワーに吹き付ける風の影響を軽減することにも一役買っている。上海の高層建築にとっては重要な要素だ。

上海は中国の東海岸の長江デルタの低地にあり、風速30mを超える台風や強風の被害を受けやすい。中国気象局局長によると気候変動が災害増加に関連しているという。また、このところ増加している暴風などの気象災害を踏まえると、20億ドルの建築費をかけた上海タワーには気象災害を想定した設計がなされていると考えるのは当然だ。ところが驚いたことに、実際のところ、長期的な気候変動に適応するように建築物が設計されることははめったにない。

上海タワーを設計した建築会社ゲンスラーのベン・トラネル主幹によると、「建築物を設計する場合に考慮されるのは、現在のエネルギー消費量と過去のパターンです」という。「50年後のエネルギー消費量とそのパターンを予測し、それに合わせて設計することは極めて困難です。 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る