KADOKAWA Technology Review
×
生命の再定義 無料会員限定
CRISPR May Speed Pig-to-Human Transplants

臓器提供は時代遅れに?
ブタから人間への移植構想が
3800万ドル調達

ヒトへの移植用にCRISPRでブタの免疫系を人間化し、さらにゲノムに潜むウイルスのDNAを除去することで、移植用のブタを繁殖させる計画がある。実用化できれば、移植用臓器をブタから収穫でき、ヒトの寿命を何年も延ばせる医療につながる。 by Karen Weintraub2017.03.17

「このブタがキミのベーコンを守る(This pig might save your bacon.)」

バイオテック系スタートアップ企業eジェネシス製のTシャツには、英語の成句「save one's bacon(「~の体を守る」の意味)」とブタ臓器の移植をかけたダジャレが書いてある。eジェネシスは15日、ブタのDNAを編集して臓器移植用の資源にする新計画に対し、3800万ドルの資金を集めたと発表した。

eジェネシスによれば、計画では遺伝子の編集手法「クリスパー(CRISPR)」を使って、人体への移植後にブタ臓器に拒絶反応が出ないように、広範囲に改変したDNAをブタに導入し、人間に適した形にする(Tシャツの背中側には「追伸:ベーコンはカリカリに焼いてあるのが好き(PS, I like my bacon extra CRISPR’ed.)」と書いてある。こちらもCRISPRとcrisp【カリカリにする】のダジャレだ)。

eジェネシスは、ハーバード大学医学大学院のジョージ・チャーチ教授(遺伝学)の研究室から派生した会社だ。チャーチ教授とeジェネシスのルーハン・ヤン最高技術責任者(CSO)は、2015年に生きた細胞内のDNAを改変する遺伝子編集の強力な新手法により、ブタのゲノムに潜伏しているウイルスを排除できたことを示した。

現在研究グループは、ブタをさらに広範に改変する計画(人体に害のある分子を遺伝子編集で取り除くことなど)を進めている。ヤンCSOによれば、eジェネシ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る