KADOKAWA Technology Review
×
ソーシャル発の抗議デモは
なぜいつも失敗するのか?
コネクティビティ 無料会員限定
Why So Many Web-Fueled Protest Movements Hit a Wall

ソーシャル発の抗議デモは
なぜいつも失敗するのか?

ソーシャル・メディアやモバイルによって人々は結集しやすくなり、市民活動を大きく変えた。しかし、ノースカロライナ大学のゼイネプ・ツフェッキー准教授は、ソーシャル・メディアがむしろ運動を脆弱なものにしていると話している。 by Tom Simonite2017.05.17

2011年のアラブの春や今年のワシントンでのウィメンズ・マーチは、ソーシャル・ネットワークやモバイルが人々の怒りを行動に変えるのにどう役立つかを示している。しかし、ノースカロライナ大学チャペルヒル校のジーナップ・トゥフェックチー准教授は5月16日に出版された新しい著書『Twitter and Tear Gas』で、活動家たちがインターネットを利用して行動することで、インターネットの威力が運動を以前より脆あやういものにしていると述べている。

トゥフェックチー准教授はMIT Technology Reviewの取材に対して、政府は現状維持のためにインターネットを上手に使うようになっていると語った。

以下は、トゥフェックチー准教授のインタビューからの抜粋だ。

インターネットは抗議活動をどのように変えたのでしょう?

ソーシャル・メディアはさまざまな形で市民運動に役立っています。ここ10年から15年の間に、世界中の市民運動は3倍から4倍も増えています。過去数年では、オキュパイ運動、ブラック・ライブズ・マター(Black Lives Matter)、トルコのゲジ公園での抗議運動、そして中東と北アフリカに巻き起こったアラブの民衆蜂起などがありました。しかし、どれも集まった参加者数やエネルギーに見合うほど期待された効果をあげていません。

1963年のワシントン大行進は、公民権活動の組織力、労力、人数に見合う統率力がありました。2017年1月のワシントンD.C.のウィメンズ・マーチも大規模なものでしたが、活動の可能性を示す最初の一歩であり、長い時間をかけて準備した最終 …

ソーシャル・メディアやモバイルによって人々は結集しやすくなり、市民活動を大きく変えた。しかし、ノースカロライナ大学のゼイネプ・ツフェッキー准教授は、ソーシャル・メディアがむしろ運動を脆弱なものにしていると話している。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る