KADOKAWA Technology Review
×
生命の再定義 Insider Online限定
First Human Embryos Edited in U.S.

米国で初となるヒト胚の遺伝子操作が実施

ヒト胚の遺伝子改変は、遺伝性疾患の治療につながるとされながらも、倫理上の問題などから米国内ではこれまで実施されていなかった。しかし、米国で初の試みがなされたという情報をMITテクノロジーレビューがつかんだ。 by Steve Connor2017.08.07

既知のものとしては米国初となる、遺伝子操作されたヒト胚をつくる試みが、オレゴン州ポートランドの研究チームによって実行されたという情報を、MITテクノロジーレビューがつかんだ。

成果をよく知る人物によれば、オレゴン健康科学大学のシュークラト・ミタリポフ(Shoukhrat Mitalipov)教授が主導した今回の試みは、遺伝子編集技術クリスパー(CRISPR)を使って、多数の1細胞胚のDNAを改変するものだという。

米国の科学者はこれまで、物議を醸す試みを最初に実践する他国の科学者を、畏敬と嫉妬、そして幾分かの警戒心を持って見ていた。今日にいたるまで、ヒト胚の編集に関する3件の報告はすべて中国の科学者によるものなのだ。

ミタリポフ教授は今回の実験で、新たな地平を切り開いたようだ。遺伝性疾患の原因となる欠陥遺伝子を安全・効率的に修復できることを示し、実験対象の胚の数も増やした。

数日以上成長させた胚は1つとしてなく、胚を子宮に移植しようという意図もまったくなかった。しかし今回の実験は、遺伝子改変された初の人類の誕生という、おそらくは不可避であろう道程におけるひとつの節目となった。

ヒト胚のDNAコードを改変する科学者の目的は、βサラセミアのような遺伝性疾患を引き起こす遺伝子を根絶あるいは修正できることを示すことにある。このプロセスは「生殖細胞系統操作(germline engineering)」と呼ばれている。遺伝子改変された子供が、その改変を生殖細胞、つまり卵子と精子によって次の世代に伝えていくからである。

生殖細胞の遺伝子操作の実験は、遺伝子強化の操作を受けた「デザイナー・ベイビー」たちの誕生というすばらしい新世界の扉を開くかもしれないと主張する評論家もいる。しかし、そのような見通しについては、多くの宗教団体や市民グループ、バイオテック企業が激しく反対している。

米国情報機関は2016年、CRISPRが「大量破壊兵器」になる可能 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る