KADOKAWA Technology Review
×
コネクティビティ Insider Online限定
We’re Thinking about Cybersecurity All Wrong

米前責任者が語る、武器としてのサイバー能力に立ち向かう方法

オバマ大統領の最高サイバーセキュリティ顧問を務めたマイケル・ダニエルが、国家レベルのサイバー犯罪にどう対処したらいいか語った。 by Mike Orcutt2017.10.04

マイケル・ダニエルは、今日の混沌としたサイバーセキュリティの状況についてユニークな視点を持つ人物だ。オバマ政権のサイバー責任者を4年間務めた直後、非営利組織サイバー脅威アライアンス(CTA)の理事長に就任した。CTAはサイバーセキュリティ企業各社がチームを組み共通の脅威に関する情報を共有するプラットホームを構築している団体だ。MITテクノロジーレビューは、7月26、27日にラスベガスで開催されたコンピューター・セキュリテイ・カンファレンス「ブラックハットUSA 2017」でダニエル理事長を取材することができた。以下は取材内容を編集したものだ。

——ダニエル理事長は政府側から、そして現在は民間側からサイバーセキュリティの課題をご覧になってきていますが、現状についてどう思われますか?

現状、ますます多くの国々がサイバー能力を武器として取り入れ始めています。米国、ロシア、中国、イスラエル、英国のようなサイバー先進国だけでなく、どこの国でも国家が保有する武器として利用しそうな勢いにあるとの認識が必要です。結果、セキュリティのための行動基準や手法の規則をどのように確立していくかを熟慮する必要があります。だからといって、サイバーセキュリティが不安定だということではありません。

——国家のみならず犯罪もサイバー作戦の技術が高度化しています。CTAがこの現状に対して、どのような役割を果たせるでしょうか?

もっとも幅広いレベルでは、CTAは情報を共有し分析する組織なので、ベンダーとサイバーセキュリティ提供業者とのコミュニティー運営に注力しています。この種の活動に本格的に取り組む団体は他にありません。CTAの根本的な役割は2つあります。第一に、サイバーセキュリティ産業内部での競争を、社会全体に貢献する形に変えることができるかということです。「自社の不十分なセキュリティに関 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る