KADOKAWA Technology Review
×
本当にほしいのはこんな服?
架空の商品も提案する
ファッションAIの未来
Daniel Savage
知性を宿す機械 Insider Online限定
This AI Learns Your Fashion Sense and Invents Your Next Outfit

本当にほしいのはこんな服?
架空の商品も提案する
ファッションAIの未来

オンライン小売業では、サイトでの顧客の閲覧履歴や購入履歴に基づくおすすめ商品をページに表示するのが一般的だ。カリフォルニア大学とアドビの研究者は、ユーザーの服装の好みに基づいてカスタマイズした、新たな衣服の画像を生成する人工知能(AI)システムを開発した。 by Jackie Snow2017.11.22

人工知能(AI)は全く新しいタイプの流行を生み出すかもしれない。 名付けて「予測的ファッション」だ。

カリフォルニア大学(UC)サンディエゴ校とアドビの研究者は、AIを用いてある人の服装のスタイルを学習し、そのスタイルに合う商品画像をコンピューターで生成する方法について述べた論文をアーカイブ(arXiv)で発表した。このシステムは、個人に合った衣服を小売業者に作らせたり、より幅広いファッションの流行を予想したりするのに役立つかもしれない。

論文では、2つの異なるアルゴリズムについて詳しく説明している。研究者たちは最初に、アマゾンから集めた6つのカテゴリー(男女それぞれの靴、トップ、パンツ)の購入データを使って、畳み込みニューラルネットワーク(CNN:convolutional neural network)を訓練して、いくつかの商品についてユーザーの好みを学ばせ分類させた。この種のおすすめ機能は、オンライン小売業界では一般的であり、通常、ページの下部の「あなたにおすすめの商品」欄に表示される。

次に、研究チームはこの情報を使って、競争式生成ネットワーク(GAN:generative adversarial network)を訓練した。GANはAIの一種であり、特に写実的な画像を生むことに長けている。GANは2つのネットワークに同じデータを与えて訓練することで動作する。一方のネットワークがそのデータセットに基いて偽の画像を作り、もう一方が同じデータを使用して画像が本物かどうかを決定する。この方法で、ネットワークは結果を改善していく。今回の研究では、GANを用いてそれぞれのユーザーに対し、複数の商品画像を生成した。

MITテクノロジーレビューが選出し …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.6世界を変えるイノベーター50人

mRNAがん治療の事業化を目指す起業家、日本発の量子コンピューター技術を提唱する研究者、グーグルが採用した人工音声を開発した技術者、中国の次世代人工太陽の理論モデルを確立した科学者——。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界のイノベーター35人と日本発のイノベーター15人を一挙紹介。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る