KADOKAWA Technology Review
×
リップルは有望でもXRPが「次のビットコイン」にならない理由
Julian Böck on Unsplash
コネクティビティ 無料会員限定
No, Ripple Isn’t the Next Bitcoin

リップルは有望でもXRPが「次のビットコイン」にならない理由

2017年12月にリップルが運営する暗号通貨XRPが高騰した。次なるビットコインかと色めき立った人たちもいるが、XRPはビットコインとは根本的に異なるところがある。 by Mike Orcutt2018.01.18

すべての暗号通貨が同じように作られているわけではない。しかし、XRPに投資している人にそれを言ってはいけない。2017年12月、ブロックチェーンを使用して未来の支払いシステムを構築すると自称している会社、リップル(Ripple)の所有する暗号通貨XRPが価格にして700%ととんでもなく高騰した。XRPの総額は1500億ドル近くにまで達し、リップルの共同創業者で元CEO(最高経営責任者)であるクリス・ラーセンは束の間、世界的な大富豪の一人になった。

騒ぎは大きくなり、少なくとも一部では、XRPを買い占めれば「次のビットコイン」に参加できると信じた人たちもいた。しかし今回の騒動は、こうした人にとって、とても高くつく勉強に終わる可能性が高い。つまり、彼らが投資したのはビットコインとはまったく別物なのだ。

第一に、ビットコインは取引を認証し、通貨の安全を維持するのに「マイナー(採掘者)」のネットワークを使っている。ビットコインはマイニング(採掘)に対する報酬として支払われ、ネットワークを継続して運用させることへの動機づけとして働いている(「ビットコインとは何だったのか?」を参照)。一方、リップルに採掘者はいない。XRPの現存する1000億個のトークンは全て、2012年にネットワークができたときに作られたものだ。創業者はトークン200億個を保有し、残りをリップルに贈与した。それ以来、同社は「系統立てて」トークンを顧客に配布してき …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る