KADOKAWA Technology Review
×
生命の再定義 Insider Online限定
Edible electronics tattooed on your food could help track your health

タトゥシールに着想、食べられる電子回路の原理を実証

イタリア工科大学の研究チームが、転写シールの技術を応用して、食品や医薬品錠剤に転写して食べられる電子回路を開発した。生体適合性の確認などの課題はあるが、体内で様々なモニターや分析を実施するなどの用途が考えられる。 by Emerging Technology from the arXiv2018.02.19

転写可能なタトゥー、すなわち転写シールは子ども時代や工業デザインにおいて慣れ親しまれているものだ。テクノロジー自体は単純だ。転写シールは、水溶性のデンプンまたはデキストリンの犠牲層により一枚の紙に張り付いたエチル・セルロース・ポリマーの薄いフィルムで構成する。

転写シールを水に浸すと犠牲層が溶けて、エチル・セルロースのシートが人の皮膚や他の多くの物に「転写」される。エチル・セルロース・ポリマー・フィルムの重要な特性は、従来のインクジェット印刷を用いて作成した画像や文字をその上に載せられるということだ。

転写シールの技術からインスピレーションを得たのが、イタリアのジェノアにあるイタリア工科大学(IIT)のジョルジオ・ボナチーニ博士が率いる研究チームだ。ボナチーニ博士たちの研究チームは有機的な電子部品を転写紙に印刷し、出来上がった回路の特性について検査した。さらに、医薬品錠剤や果物といった食べられる物体の上にも回路を転写した。

消化管内で機能する電子デバイスは決して目新しいものではない。長年にわたって医療の専門家たちは、カメラや電池などの電子デバイスを含むカプセルを利用している。

だが、これらのデバイスは高価で柔軟性のないシリコンベースの部品のみで作られている。一方、材料科学者たちは最近、プラスチック・ディスプレイなどの強力な電子デバイス内部にインクジェット印刷できる導電性ポリマーの開発において、大きな成果をあげている。

ボナチーニ博士たちの研究チームは、転写紙の上に電子回路を作成するために、同じインクジェット印刷の手法を用いている。

当然のことながら、出来上がったデバイスが生体に適合するかどうかが重要な問題となる。研究チームは、エチル・セルロースのフィルムが医薬品錠剤などに対する可食性コーティングとして、長い間にわたって使用 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る