KADOKAWA Technology Review
×
コネクティビティ Insider Online限定
US conservatives spread tweets by Russian trolls over 30 times more often than liberals

保守派はリベラル派の36倍デマを拡散、米大統領選の分析で判明

2016年の米国大統領選期間中には、ロシアがツイッターを使って組織的な干渉をしたことが確認されている。南カリフォルニア大学の研究者が、ロシアの「荒らし」アカウントがツイッターに投稿した誤情報がどのように広がったか、どのような人々が誤情報を拡散したのかを調べた。 by Emerging Technology from the arXiv2018.03.22

2017年末に向けて米国議会は、インターネット・リサーチ・エージェンシー(Internet Research Agency)が関与するオンライン・アカウントの一覧を公表した。インターネット・リサーチ・エージェンシーはロシアの「荒らし」企業で、2016年の大統領選挙で組織的な干渉を試みた。公表された一覧には荒らしアカウントが2700件以上掲載されており、これらがフェイクニュースや悪意のある噂を拡散して米国内の意見を操作しようとした。

これらのアカウントは無効化されてから随分経っているが、存在が明らかになったことでいくつかの重要な疑問が浮かび上がる。どのような情報を投稿したのか? だれが投稿の影響を受けたのか? 誤った情報はどのようにしてあれほど広がったのか?

その答えは現在、ロサンゼルスにある南カリフォルニア大学の大学院生アダム・バダウィとその同僚らによって明らかになっている。バダウィらは荒らしによって作られたメッセージを研究し、サイバースペース内での軌跡を辿った。さらに、拡散されたメッセージに見られる政治的傾向と、メッセージを拡散したアカウントについても分析した。

バダウィらによると、ロシアが投稿した誤情報のリツイートはほとんどが、テネシー州とテキサス州の2州から発信されていたという。さらに、保守派の方がリベラル派よりも誤情報をリツイートする傾向が非常に強いと結論づけた。

バダウィらのチームの手法は比較的単純だ。2016年の選挙前月に、約570万人のユーザーが投稿した4300万件以上の選挙関連のツイートをダウンロードして、ツイッター界の温度感を調べたのだ。

彼らは「 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る