KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「早割」販売中。
平昌五輪で韓国が猛アピールした5G通信を現地からレポート
Caresse Haaser
知性を宿す機械 無料会員限定
What it felt like to visit the most tech-centric Olympics ever

平昌五輪で韓国が猛アピールした5G通信を現地からレポート

25日に閉会した平昌オリンピックでは、韓国が世界初の大規模5Gネットワーク網を構築し、会場近辺で情報通信技術のさまざまなデモを展示した。その模様を現地からレポートする。 by Yoochul Kim2018.02.26

スタジアムをドローンがパトロールし、訪れる人をロボットが案内して水を提供している。実質現実(VR)で氷上のトラックを猛スピードで進む感覚が味わえる——。

最新のテクノロジーが盛りだくさんの2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックへようこそ! 韓国はワイヤレス接続における自国の先進性をアピールしようと、オリンピックの機会を利用して世界初の大規模な5G通信網を構築している。5G通信は2020年に世界規模でのサービス開始が期待されている次世代の携帯電話網だ。

平昌の「ICT体験センター」では、5G通信、IoT、人工知能(AI)、VR、超高精細テレビの5つの情報通信技術(ICT)が展示され、5G通信を実際に体験できるようになっている。こうした展示構成になっているのは、高解像度の大容量データをリアルタイムでやりとりできる5G通信によって、いかにして他のサービスが可能になるのかを強調するためだ。

ICT体験センターの2階が、インテル、エリクソン、サムスン電子、それにKT(Korea Telecom)と韓国政府が共同で取り組む5G通信ゾーン。私もサムスンのギャラクシー・スマホで5G通信接続を試そうと、会場でゲーム(小さな水槽にいるロボットの魚をコントロールする)をプレイしてみた。ゲーム自体はあまりうまくできなかったが、会場を訪れていた人たちは5Gネットワークのスピードに感心していたようだ。

「ファイルをダウンロードしたり、ビデオや写真を受け渡したりするのが、すばやくスムーズになりますね」。ソウル在住の37歳だというヒュン …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る