KADOKAWA Technology Review
×
ブロックチェーンが安全でも
スマート・コントラクトは
穴だらけ
Lynne Carty
コネクティビティ Insider Online限定
Ethereum’s smart contracts are full of holes

ブロックチェーンが安全でも
スマート・コントラクトは
穴だらけ

イーサリアムのスマート・コントラクトを調べたところ、大量の脆弱性があることがわかった。デジタル・エコノミーに革命をもたらすと言われ、一部で熱狂的なブームを巻き起こしているブロックチェーンだが、どのような脆弱性が存在するのかも完全には把握されておらず、調査は始まったばかりだ。 by Mike Orcutt2018.03.05

ブロックチェーンを利用するコンピューター・プログラムが金融システムを揺るがしている。しかし、スマート・コントラクト関連技術の大げさな宣伝の多くは、まさしく誇大広告になっている。スマート・コントラクトはまったく新しい分野である。テクノロジストたちは、利用者のお金を失わずに、信頼して使えるスマート・コントラクトをいかにして設計するかがようやくわかり始めたところだ。同様に、イーサリアム(Ethereum)のスマート・コントラクトに関する新たな調査は、セキュリティ研究者がようやく、スマート・コントラクトの脆弱性に見当を付け始めた段階であることを示している。

スマート・コントラクトはいわば、デジタル自動販売機である。「スマート・コントラクト」という用語は、デジタル通貨の草分け的存在であるニック・スザボが20年以上前に作り出した(ニック・スザボはビットコインの開発者であるサトシ・ナカモトだという説がある)。スザボによると、スマート・コントラクトとは、「多種多様な契約条項(担保や契約、財産権の説明など)を人々が取り扱うハードウェアやソフトウェアに組み込むことができ、契約に違反した者に対して多額(必要に応じて法外な額)を支払わせるための仕組み」というのが基本的な考え方だ。スザボは、実際の自動販売機を「スマート・コントラクトの原始的な祖先」と呼んだ。自動販売機は硬貨を受け入れ、商品を販売し、表示価格に応じた正確な釣り銭を出すからだ。

そこにブロック …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る