KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
AIに「ぶっとんだ設計方法」を考えさせる、DARPAの新プロジェクト
Larry W. Smith | Getty
知性を宿す機械 無料会員限定
The US military wants AI to dream up weird new helicopters

AIに「ぶっとんだ設計方法」を考えさせる、DARPAの新プロジェクト

ロボティクス・チャレンジで知られるDARPA(米国防高等研究計画局)が進めるAIプロジェクトの狙いは、航空機やエンジン部品の設計に新しいアイデアを持ち込むことだ。人間が新しいものを生み出す刺激になることに期待している。 by Jackie Snow2018.04.10

人工知能(AI)はすでに、実在しない有名人を考え出すことができる。だから、軍が革新的なエンジン部品や航空機を考え出すことも手伝ってくれるかもしれない。

それが米国国防総省の研究機関である米国国防先端研究計画局(DARPA)の新しいプロジェクトの目標だ。DARPAはプロジェクトの参加者に、最新の機械学習の手法と数学や工学の基礎原理を組み合わせることで、複雑な部品の新たな設計方法を提案するよう求めている。

有名人の顔から衣服に至るまで、AIは今までになかった新しいものを想像することに使われるようになってきている(「イアン・グッドフェロー 人工知能に想像力を与える男」参照)。新しいアイデアを考案するAIはまだ初期段階にすぎないものの、 今後の見通しは明るい。

機械学習はすでに設計やエンジニアリングの一部の分野で使われているが、DARPAのプロジェクトでは範囲を広げて、機能と形態の決定という極めて重要な作業にまで適用することを目指している。DARPAのジャン・ヴァンデンブランド プログラム担当マネージャーは「私たちは計算ツールをほとんど使っていません。非常に …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る