KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
スーパー世界最大手が導入した店員ロボ、最大の敵は「子ども」
Jeremy Portje
ニュース 無料会員限定
Robots are solving “simple problems” and bigger challenges, but can they take on teenagers?

スーパー世界最大手が導入した店員ロボ、最大の敵は「子ども」

ロボットは人の複雑なスキルに取って代わるには、まだまだ力不足だ。だが、単純作業の肩代わりはできるようになってきた。ロボット企業の幹部が、実例を示しながら解説した。 by Jackie Snow2018.04.02

ロボットはますます人に近いレベルで多くのことができるようになっている。しかし、人の肩代わりができるほどのスキルには「きわめてほど遠い」段階にあると、ボサノバ(Bossa Nova)のマーティン・ヒッチCBO(最高業務責任者)は語る。それでも、ロボットによって自動化できる単純で退屈な作業はいくらでもある。

MITテクノロジーレビュー主催の年次カンファレンス「EmTechデジタル」に登壇したヒッチCBOは、ペンシルバニア州にある1軒のウォルマートから始まったボサノバのロボットによる作業が、カリフォルニア州からアーカンソー州に至る50店舗ものウォルマートの通路を歩き回るまでに至った経緯を説明した。ロボットは棚の商品を読み取ってクラウドに送信し、在庫切れの商品や価格の間違いといった情報が数分以内に各店舗に送られる。販売員が歩き回って、在庫や商品を手作業で確認する必要がなくなるのだ。

「1日の終わりには単純な問題は解決されています」。

単純な問題とはいっても、ボサノバにとってはかなりのデータになる。今日までにボサノバのロボットは6320時間分の自律運行をし、3600キロメートルを移動し、11万7000本の通路で商品を読み取り、3億9500万枚の …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  4. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る