KADOKAWA Technology Review
×
AIとの付き合い方は小説に学べ! いま押さえておきたいSF作品6つ
Miguel Porlan
知性を宿す機械 無料会員限定
Fiction That Gets AI Right

AIとの付き合い方は小説に学べ! いま押さえておきたいSF作品6つ

人間は急速に進化するロボットやAIと、どのように付き合っていけばいいのか。このテーマは、最近になって注目され始めたわけではなく、すでに20世紀の初めから人類が考えてきたテーマである。 by Brian Bergstein2017.10.25

ロボット執事から瞬時の医療スキャンまで、たとえそれが非常に未来的な人工知能(AI)の応用であったとしても、どことなく親しみを感じるのは、すでにそれらがポップカルチャーにおける格好の題材として扱われてきたからである。誰だって次のような映画を見たことがあるだろう。

『ターミネーター』や『2001年宇宙の旅』ではAIは脅威として描かれ、『ウォー・ゲーム』ではAIが世界を滅ぼしそうになった。また、AIは『マトリックス』で私たちの支配者として描かれたかと思えば、『her/世界でひとつの彼女』やスタンリー・キューブリックとスティーブン・スピルバーグのコンビによる『A.I.』では私たちの仲間として描かれることもある。しかし、そこまで有名ではない物語や戯曲、テレビ番組や映画にも、進化したAIが私たちに及ぼす影響について興味深く描写している作品がたくさんある。次に紹介するのはそのうちの一部である。

E・M・フォースター『The Machine Stops(機械は止まる)』(1909年)

この短編小説は、レイ・カーツワイルが思い描くシンギュラリティにぞっとするほど類似した未来が舞台である。ただし、そこに描かれているのは人間の想像が及ばない知性が誕生した世界ではなく、世界の終わりの最終段階であるということだ。誰もが地下にある部屋に一人で座り、遠隔地にいる友人の講義を聞いたり、友人に討論したりしている。彼らはお互いの姿をホログラムで見ている。なぜなら今や、人生はさまざまな考えについての終わりのない議論がすべてであり、それが物理的な体験 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る