KADOKAWA Technology Review
×
知性を宿す機械 Insider Online限定
AI generates new Doom levels for humans to play

人間が楽しめる「DOOMレベル」をGANで生成、ミラノ工科大

有名なコンピューター・ゲーム「DOOM(ドゥーム)」の「レベル」を深層学習の手法であるGAN(競争式生成ネットワーク)を利用して生成することに成功した。AIがゲーム開発を支援する日も近そうだ。 by Emerging Technology from the arXiv2018.05.11

「DOOM(ドゥーム)」は、長い人気を誇る、大成功したコンピューターゲームのシリーズの1つだ。1993年に発売され、1000万本以上を販売した今でも人気がある。プレイヤーが宇宙の海兵隊員となり、さまざまなデーモンやゾンビと戦って生き残る、一人称(ファーストパーソン)タイプのシューティングゲームだ。

DOOMは、MS-DOSパソコンにおける3次元コンピューター・グラフィックスの先駆者である。また、ネットワークを介して複数の人間が一緒に遊べる「マルチプレイ」をもたらし、プレイヤーが独自の「ゲームレベル」を作り上げることも可能にした。公式なものとプレイヤーが作成したものを合わせれば、膨大な数のDOOMレベルがあり、それらは現在オンラインで無料で入手できる。これは調査研究を待つ巨大な全集のようなものだ。

膨大なDOOMレベルは興味深い可能性を提起する。DOOMレベルのデータを使って深層学習アルゴリズムを訓練すれば、人間が称賛せずにはいられないような新しいDOOMレベルを自動的に創造できるのではないだろうか?

そして今日、イタリア・ミラノ工科大学のエドアルド・ジャコメーロらの研究のおかげで、この問いへの回答が得られた。ジャコメーロたちは、深層学習によって人間を楽しませるDOOMレベルを自動的に作り出すことができといい、この手法はゲームのコンテンツ作成方法を変える可能性を持つという。

ジャコメーロたちのグループが用いた手法は、どちらかと言えばストレートなものだ。まず、DOOMおよびDOOM2のすべての公式レベルと、DOOMコミュニティが作り上げた9000種類以上のレベルが含まれる「ビデオゲーム・レベル・コーパス(Video Game Level Corpus)」から …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る