KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
経済学者も注目し始めた
「ビットコインの価値」の
本質的な限界
コネクティビティ Insider Online限定
Bitcoin’s inherent economics could keep it from ever being very important

経済学者も注目し始めた
「ビットコインの価値」の
本質的な限界

ビットコインは、経済的にはそれほど重要ではないとする経済学者が現れた。重要であればネットワークが多くの攻撃を受けるはずだが、安全性を保つために高いコストをかけているため、ビットコインは経済性に欠けるという分析だ。 by Mike Orcutt2018.07.17

「ビットコインは従来の世界金融システムに取って代わる可能性がある」。そう考えているのなら、見通しを曇らせるような経済分析が新たに発表された。

デジタル通貨に関するこれまでの議論の大部分は自由主義者やコンピューター・オタクが担っていたが、暗号トークンが大きな人気を集めたことで、シカゴ大学のエリック・ブディッシュ教授(経済学)のような研究者の関心も呼んでいる。ブディッシュ教授は新たに発表した論文で、ビットコインの報酬システムを調査し「どれほど経済的に重要なのかという本質的限界」があると結論付けた。

デジタル通貨がすべての競争相手を駆逐することを望む「ビットコイン至上主義者」の中には、ビットコインを金(きん)になぞらえる人もいる。真の通貨としてはそれほど効率が良くないかもしれないが、価値の保存場所として機能するというのだ。しかしブディッシュ教授は、ビットコインの価値が金に近付けば、そのネットワークを攻撃して利益を得ようとする者が現れるはずだと主張する。

議論を進める前に、背景を少し解説しておく。2017年あたりのビットコインの時価総額は1000億ドルから2000億ドルの間を行ったり来たりしていた。一方、金の保有高はおよそ7兆5000億ドルだ。したがってこの点から言えば、ビットコインの「経済的重要性」は金には遠く及ばない。

そしてブディッシュ教授によれば、ビットコインが金と同等の価値を持つことはない。規模が大きくなり過ぎると、ビットコインの設計上の特性により逆の効果が生まれるというのだ。

ビットコ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る