KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

コンピューティング 2022年6月の記事

  1. The hacking industry faces the end of an era
    ハッキング業界でその名を轟かせたイスラエル企業「NSOグループ」の買収協議が進んでいる。ハッキング業界に対する風当たりはここ数年で強くなっているが、世界的な需要は高まっており、NSOグループの解体で業界がどう動くか注目だ。 by Patrick Howell O'Neill2022.6.29
  2. データセンターが都市に静かに戻ってきた理由
    テック企業はデータセンターを郊外だけでなく、人口密集地の中心部にも開設している。エンドユーザーが遅延に対して不寛容になってきているからだ。しかし、大量の電力を消費し、大量の熱を発するデータセンターを都市部に置くには課題もある。 by Michael Waters2022.6.28
  3. 中国系ハッカーが世界各国で通信大手に侵入、既知の脆弱性を突く
    中国政府の関与が疑われるハッカーによる大手通信事業への侵入が相次いでいる。ハッカーたちはネットワーク機器の既知の脆弱性を利用していることが多く、過去に見つかった欠陥を放置することの危険性を示している。 by Patrick Howell O'Neill2022.6.13
  4. 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
    中国におけるギットハブの競合サービスとして人気の「ギッティ(Gitee)」で公開されていたソースコードが一部非公開となり、中国のオープンソース・コミュニティに衝撃を与えている。理由は明らかではないが、中国政府による検閲が疑われており、イノベーションを阻害する恐れが指摘されている。 by Zeyi Yang2022.6.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る