KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2022年9月の記事

  1. This artist is dominating AI-generated art. And he’s not happy about it.
    「AIに埋め尽くされる」画像生成AIブームの影で苦悩するアーティスト
    ステーブル・ディフュージョンやミッドジャーニーなどのAIシステムが生成した画像が、ネット上のいたるところで見られるようになった。しかし、こうしたAIは既存の画像を用いて訓練されているため、アーティストたちにとって死活問題だ。by Melissa Heikkilä2022.9.28
  2. ググった結果からも学ぶ、ディープマンドのチャットボット
    グーグル傘下のAI企業であるディープマインドは、人間のフィードバックから学習し、主張の裏付けとなる情報をインターネットから検索するように訓練したチャットボットを発表した。 by Melissa Heikkilä2022.9.27
  3. アニメ絵に強いバイドゥの画像生成AI、中国ならではの弱み
    バイドゥが開発したテキストから画像を生成するAI「ERNIE-ViLG」は、中国固有の文化に基づく物やアニメキャラ風の画像生成において、既存のAIよりも優れている。しかし、検閲機能によって、政治的にセンシティブな言葉は排除される。by Zeyi Yang2022.9.26
  4. GPT-3は「私」について何を知っているのか?
    オープンAIの「GPT-3」のような人工知能(AI)の大規模言語モデルは、インターネットから収集した巨大なデータセットで訓練されている。そこにプライバシーの問題はないのか。実際に聞いてみた。 by Melissa Heikkilä2022.9.22
  5. 米国政府の人工知能(AI)政策を主導してきたリン・パーカーがこのほど退任し、学術界に戻った。研究開発への投資、人材育成、規制など、在任中の成果と課題について話を聞いた。 by Tammy Xu2022.9.16
  6. A new X-ray technique for detecting explosives could also identify tumors
    旅行バッグに隠された爆弾を見抜くX線AI、がん診断にも期待
    X線と深層学習アルゴリズムを併用して爆発物を高精度で検出する新しい方法がユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)によって発表された。将来的には、がん検出にも応用できるかもしれない。by Rhiannon Williams2022.9.15
  7. AudioMook: How will global AI companies change science
    聴くMITTR:世界的AI企業は「科学」をどう変えるのか?
    今週のオーディオ・ムック(β)では、AI企業ディープマインドがタンパク質構造の予測という科学的難問に挑んだ理由、科学界へ与えるインパクトについて詳しく紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.9.7
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る