KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2023年3月の記事

  1. Four ways the Supreme Court could reshape the web
    ネットの未来を左右する重要裁判で予想される4つのシナリオ
    現在、米国の最高裁判所で争われている、通信品位法230条とコンテンツ・モデレーションに関する訴訟の行方を、4つのシナリオで予想する。結果は、おそらく夏まで待たなければ分からないだろう。 by Tate Ryan-Mosley2023.3.29
  2. 米国の一部の都市の警察で、ドローンの導入が急速に進んでいる。警察官の代わりに、事件現場に最初に到着するケースもあるという。プライバシーの議論は置き去りにされたままだが、10年前とは市民の意識も変化しているようだ。 by Patrick Sisson2023.3.17
  3. 中国テック事情:抗議活動の参加者が続々逮捕、潜入捜査の実態とは
    中国で「白紙運動」に参加した市民らが次々と逮捕されている。警察や政府の工作員はどのようにして身元を割り出しているのか。活動家に話を聞いた。 by Zeyi Yang2023.3.10
  4. 米「通信品位法230条」裁判はインターネットを殺すか?
    パリ同時多発テロの遺族がグーグルを相手取って起こした訴訟の弁論が、米最高裁で始まった。有害なコンテンツの「おすすめ」は法律に違反しているというのが遺族の主張だ。判決によっては大手テック企業は、レコメンド・アルゴリズムの大改修だけでなく、プラットフォームの再構築まで迫られる可能性がある。 by Tate Ryan-Mosley2023.3.9
  5. 遠隔医療で中絶薬を提供:世界を変える10大技術 2023年版
    米国で中絶の権利を認めた過去の判例が覆され、薬を用いた自宅での中絶が徐々に広まっている。中絶を禁止する州の住民のために、中絶薬の遠隔入手を支援する団体やスタートアップも現れた。 by Rebecca Ackermann2023.3.7
  6. Mass-market military drones: 10 Breakthrough Technologies 2023
    量販型の軍用ドローン:世界を変える10大技術 2023年版
    戦争や紛争で、米国以外の国が製造しているドローンが使われることが多くなってきた。これらのモデルは米国のハイエンドモデルに性能は劣るものの、安価であるうえ、輸出の制限がないので、どんな国でも購入できるのだ。by Kelsey D. Atherton2023.3.6
  7. How AI can actually be helpful in disaster response
    トルコ・シリア大地震の被災者救出で活躍するAIシステム
    トルコとシリアで発生した大地震で、AIを利用したシステムが被災者救助に活用されている。被災地を映した衛星写真から、短時間で被害の度合いを判別するシステムだ。 by Tate Ryan-Mosley2023.3.6
  8. 2022’s seismic shift in US tech policy will change how we innovate
    米国のバイデン政権は、技術開発に数千億ドルを投資する3つの法案を成立させるなど、米国の政治家がこれまで避けてきた産業政策を積極的に取り入れている。かつては、シリコンバレーを代表とするイノベーションの中心地が繁栄することで、全米の景気が良くなるという考えが主流だったが、もはやそのような時代は終わった。 by David Rotman2023.3.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る