KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
テイト・ライアン・モズリー[ Tate Ryan-Mosley ] 米国版 テック政策担当上級記者
新しいテクノロジーが政治機構、人権、世界の民主主義国家の健全性に与える影響について取材するほか、ポッドキャストやデータ・ジャーナリズムのプロジェクトにも多く参加している。記者になる以前は、MITテクノロジーレビューの研究員としてニュース・ルームで特別調査プロジェクトを担当した。 前職は大企業の新興技術戦略に関するコンサルタント。2012年には、ケロッグ国際問題研究所のフェローとして、紛争と戦後復興を専門に研究していた。
  1. 2024.02.20 ローテク、アナログ……
    ニューヨーク市が見出した
    行政DXへの1つの答え
  2. 2024.01.31 世界的「選挙イヤー」2024年の選挙に影響を与える3大トレンド
  3. 2024.01.22 FTCがデータ・ブローカーに「前例なき」措置、その理由は?
  4. 2024.01.15 AI規制のゆくえを占う、2023年に得られた4つの教訓
  5. 2023.12.21 2024年、選挙の誤情報と戦う準備を グーグル元CEOの提言
  6. 2023.12.12 EU AI法暫定合意、世界の「お手本」はなぜ難航したのか?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る