KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

ビジネス 2024年3月の記事

  1. eMook Vol.59 has just arrived
    「日本発・世界を変えるU35イノベーター」特集号(無料公開)
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.59 / 2024.03をリリースした。「日本発・世界を変えるU35イノベーター」特集の本号は、非会員/無料会員にも全ページ無料で公開する。 by MIT Technology Review Japan2024.3.29
  2. 米重克洋:記者不在の通信社がテクノロジーで挑む、報道の構造問題
    記者がいない、エンジニア中心のJX通信社を創業した米重克洋は、生成AIにより大量生産されるデマやフェイクニュースに対し、テクノロジーの力によって報道の「構造」を変えることで立ち向かおうとしている。 by Yasuhiro Hatabe2024.3.19
  3. ブームに沸いたクリーンテック1.0の破綻から10年、米インフレ抑制法などを背景に気候分野のスタートアップが再び活況を呈している。クリーンテック2.0と呼ばれる新たな波は、過去の失敗を乗り越えられるか。 by David Rotman2024.3.19
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る