KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
「日本発・世界を変えるU35イノベーター」特集号(無料公開)
TR
eMook Vol.59 has just arrived

「日本発・世界を変えるU35イノベーター」特集号(無料公開)

MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.59 / 2024.03をリリースした。「日本発・世界を変えるU35イノベーター」特集の本号は、非会員/無料会員にも全ページ無料で公開する。 by MIT Technology Review Japan2024.03.29

MITテクノロジーレビュー恒例の「U35(35歳未満)のイノベーター」特集の2023年版をお届けする。U35イノベーターは、向こう数十年間の未来を形作る独創的なイノベーターを発掘・紹介する年次企画だ。日本版では、人工知能(AI)から量子コンピューター、遺伝子工学、気候変動まで、幅広い分野で活躍する10人のイノベーターを紹介。グローバル版では世界の才能35人の中から5人をピックアップする。いまもっともホットなテクノロジー領域と、イノベーションの次の波を牽引する人物を知る手がかりにしてほしい。

※本eムックは特別号として、非会員/無料会員にも【全ページ無料公開】いたします。ダウンロードページの「サンプルPDFを見る」からダウンロードください。

MITテクノロジーレビュー[日本版]eムック Vol.59 / 2024.03

特集:日本発・世界を変える U35イノベーター

  • 輸送 森田直人(東京大学)
  • AI/ロボット工学 井上浩輔(京都大学)
  • 医学/生物工学 遠藤礼子(京都大学)/齋藤諒(MIT・ハーバード大学ブロード研究所)/森山美優(イェール大学)
  • エネルギー/持続可能性 山本憲二郎(Aster、東京大学)/阿部博弥(東北大学、AZUL Energy)/中安祐太(東北大学、里山エンジニアリング、百)
  • コンピューティング 野入亮人(理化学研究所)/久津見ゆうか(サントリーホールディングス)
U35イノベーター2023[グローバル版]
  • AI シャロン・リー(ウィスコンシン大学)
  • 医学/生物学 ジュリア・ジョン(ホワイトヘッド研究所)
  • エネルギー/持続可能性 ヨン・ソク・ジョ(アモジー)
  • コンピューティング ヤティシュ・トゥラキア(カリフォルニア大学サンディエゴ校)
  • ロボット工学 レレル・ピント(ニューヨーク大学)

U35 イノベーターの軌跡#11

  • 米重克洋(JX通信社)
    記者不在の通信社がテクノロジーで挑む、報道の構造問題

News & Trends

  • 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  • 米ベンチャーのリチウム硫黄バッテリー、EV搭載はいつ?
  • AIボット導入で、メンタルヘルス・サービスの利用者が増加
  • 「胚は子ども」米アラバマ州の衝撃判決、人工子宮研究にも影響か

Opinion

  • アンドリュー・エン特別寄稿:イノベーターを志す人たちへ

eムックは、MITテクノロジーレビューのWebサイトに掲載したオリジナル記事をテーマ別に再構成し、PDFファイルとして提供する有料会員限定のサービスです。バックナンバーおよびダウンロードはこちら
※本eムックは特別号として、非会員/無料会員にも【全ページ無料公開】いたします。ダウンロードページの「サンプルPDFを見る」からダウンロードください。

人気の記事ランキング
  1. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. Researchers taught robots to run. Now they’re teaching them to walk 走るから歩くへ、強化学習AIで地道に進化する人型ロボット
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. Researchers taught robots to run. Now they’re teaching them to walk 走るから歩くへ、強化学習AIで地道に進化する人型ロボット
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る