KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
稲谷龍彦[ Tatsuhiko Inatani ] 日本版 寄稿者
京都大学大学院 法学研究科教授、京都大学法政策共同研究センター「人工知能と法」ユニットリーダー。 2008年、京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了。京都大学大学院法学研究科准教授を経て、2021年度より京都大学大学院法学研究科教授。2013年度から2015年度にかけてパリ政治学院法科大学院・シカゴ大学政治学部にて客員研究員として在外研究に従事。専門は刑事政策。現在の主要な研究関心は、企業犯罪法制および科学技術と法。
  1. 2022.11.02 「テスラ死亡事故裁判」から考える、AI社会の法制度のゆくえ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る