1. ビジネス・インパクト
    中国科学技術大学(USTC)は中国の中でも特異な歴史を持つエリート大学だ。USTCに親子3世代に渡って関わった中国人一家の物語が伝える、国家と科学の板挟みになっている中国の科学者の葛藤。 Yangyang Cheng15日前
  2. コネクティビティ
    グーグルは中国市場にいち早く参入し、突然、中国政府に打撃を与える形で撤退した。その後の中国の成長したインターネット市場を狙って、グーグルは中国市場への再参入を試みている。しかし、したたかな中国政府、いらだつ米国政府、人権侵害に沸騰する世論という3者を相手に自らの進退も決められなくなっている。 Matt Sheehan42日前
  3. コネクティビティ
    2018年、中国は初めて、地球周回軌道に最も多くのロケットを到達させた国となった。米国とロシアの宇宙開発計画が不安定な予算に苦闘する一方で、中国では民間スタートアップ企業や国有企業があらゆる面で取り組みを拡大しており、衛星コンステレーションをはじめ、世界最大の宇宙望遠鏡や重量物打ち上げロケット、さらには、自前の宇宙ステーションの構築すら計画している。 Joan Johnson-Freese73日前
  4. コネクティビティ
    アリペイやウィチャットのような決済アプリは中国人の日常生活を変え、いまや中国はモバイル決済大国と呼ばれるようになった。だが、QR決済のような目新しくないテクノロジーを寄せ集め、中国固有の事情により独自の進化を遂げた「中国式」フィンテックが欧米諸国を席巻する可能性は低い。 Martin Chorzempa86日前
  5. 持続可能エネルギー
    強烈な「EVシフト」で中国は自動車産業を制するのか?
    内燃機関エンジンの設計・製造では外国を模倣しても追いつけなかった中国は、電気自動車の開発に焦点を絞り、急激な電化政策を打った。日欧米が独占してきた世界の自動車産業の流れを変えるのか。 Jordyn Dahl3カ月前