1. 知性を宿す機械
    MSがクラウド向けにARM採用で、インテルの支配力低下へ
    マイクロソフトがクラウドサービスAzure向けにARM製プロセッサーの採用を検討しており、実現すればインテルが市場の大半を握るサーバー市場のシェア低下は避けられない。ARMはソフトバンクに買収されて以来、対インテルを目的にしているとしか考えられない企業買収を続けており、インテルにはイノベーションが必要だ。 Jamie Condliffe3年前
  2. 知性を宿す機械
    人工知能サービスの
    中途半端な投資回収モード
    グーグルやマイクロソフト、IBMが、多額の投資で開発した人工知能を一般企業に賃貸させようといる。だが、汎用型のAIがどこまで一般企業の役に立つのかは不明点が多い。 Tom Simonite4年前