1. コネクティビティ
    ランサムウェア攻撃で再燃する米政府の責任論
    WannaCryによる大規模なサイバー攻撃が、謎に包まれた米国政府の手続きをめぐる微妙な問題を再浮上させた。政府が入手した脆弱性を公表するべきか、再び議論になっている。 Mike Orcutt2年前