1. 生命の再定義
    「遺伝子占い」から犯罪捜査まで、18年に登場した驚きのDNA活用法
    数百万人分の遺伝子情報を格納したDNAデータベースが、病気の予測、犯罪者の逮捕、新薬の発見に革命をもたらし、良きにつけ悪しきにつけ、遺伝子情報の匿名性はほぼ事実上崩壊した。2018年のMITテクノロジーレビューの記事から、遺伝子情報の活用について知っておくべきトレンドを紹介する。 Antonio Regalado8カ月前