KADOKAWA Technology Review
×
アントニオ・レガラード[ Antonio Regalado ] 米国版 生物医学担当上級編集者
MITテクノロジーレビューの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるのか、追いかけている。2011年7月にMIT テクノロジーレビューに参画する以前は、ブラジル・サンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス(Science)誌などで執筆。2000年から2009年にかけては、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で科学記者を務め、後半は海外特派員を務めた。
  1. 2023.01.27 脳インターフェイスで「分速62語」の新記録、自然な会話に近づく
  2. 2023.01.07
  3. 2022.12.28 MITTRが選ぶ、
    「最低なテクノロジー」
    8選【2022年版】
  4. 2022.12.21 世界最古のDNAの分析に成功、200万年前の生態系が明らかに
  5. 2022.11.25
  6. 2022.09.06 遺伝子編集した「B細胞」で希少疾患を治療、米国で初の治験へ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る