アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ]

MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2019.01.16 「画面見すぎ」よりも睡眠不足に心配を、オックスフォード大
  2. 2019.01.15 「遺伝子編集ベビー」は引き続き禁止、米国議会
  3. 2019.01.10 遺伝子工学で作った「光合成強化タバコ」、1.4倍に成長
  4. 2019.01.09 「遺伝子占い」から犯罪捜査まで、18年に登場した驚きのDNA活用法
  5. 2019.01.08 CRISPRで「激辛トマト」も作れる? ブラジルの研究者が提唱
  6. 2018.12.28 MITTRが選ぶ、
    最低な破壊的テクノロジー
    5選【2018年版】