アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ]

MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2018.07.18 CRISPRに重大欠陥か、遺伝子治療でDNA損傷の恐れ
  2. 2018.07.17 米政府、離散した移民親子の調査にDNA検査を実施
  3. 2018.07.13 イースター島生まれ 「若返りの秘薬」、効果を一部確認
  4. 2018.07.09 マウスで遺伝子ドライブの有効性を証明、カリフォルニア大
  5. 2018.07.04
  6. 2018.06.27 未解決事件の犯人逮捕が相次ぐ、DNA系図サービスの活用で