アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ]

MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2017.08.21 27年前の発見が紡いだ
    筋ジストロフィーの
    遺伝子療法
  2. 2017.08.10 相次ぐ遺伝子療法の市場撤退、GSKがストリムベリスを売却へ
  3. 2017.06.30 中国で過熱する
    新生児の遺伝子検査は
    どこまで許されるか
  4. 2017.06.10 遺伝子編集技術を扱うバイオ企業の株価が急落した理由
  5. 2017.04.25 イーロン・マスクと
    フェイスブックは
    テレパシーを実現できるか?