アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ]

MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2017.12.14 世界を次に変えるスタートアップ起業家は遺伝子プログラマーだ
  2. 2017.12.05 自然界に無い遺伝子文字を持つ「半合成生物」の創造に成功
  3. 2017.12.04 優生学2.0
    IQで受精卵を「選別」が
    現実になる日
  4. 2017.11.21 50万人分の遺伝子情報は
    医療に何をもたらすのか?
  5. 2017.11.01 iPhoneでがんを発見、新型エコーのブレークスルー