KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
アントニオ・レガラード[ Antonio Regalado ] 米国版 生物医学担当上級編集者
MITテクノロジーレビューの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるのか、追いかけている。2011年7月にMIT テクノロジーレビューに参画する以前は、ブラジル・サンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス(Science)誌などで執筆。2000年から2009年にかけては、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で科学記者を務め、後半は海外特派員を務めた。
  1. 2024.04.12 てんかんの治療法を根本から変えるか? 脳細胞移植の可能性
  2. 2024.04.02 世界一高い新薬が登場、425万ドルの価値はあるか
  3. 2024.03.25
  4. 2024.02.28 「胚は子ども」米アラバマ州の衝撃判決、人工子宮研究にも影響か
  5. 2024.02.25 紫トマト、光るペチュニア——家庭で育てる遺伝子組換え植物
  6. 2024.02.12 遺伝子編集臓器の研究で脳死下の身体が求められる理由
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る