KADOKAWA Technology Review
×
アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ] 米国版 医学生物学担当上級編集者
MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2020.08.05
  2. 2020.07.08 私が外出を控える理由——新型コロナの死亡リスクをどう捉えるか?
  3. 2020.06.25
  4. 2020.06.16 ラボ育ちの「ミニ肺」は新型コロナの致死性の謎を解明するか?
  5. 2020.06.09 IL-6阻害薬、新型コロナ死亡率下げる可能性=ミシガン大学
  6. 2020.06.04 新型コロナワクチン開発、
    異例のスピード
    これから何が必要か?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る