KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!
アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ] 米国版 医学生物学担当上級編集者
MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2021.07.19 フェイスブックが脳インターフェイスから撤退 短期的成果見込めず
  2. 2021.06.18
  3. 2021.05.26 「藻」の遺伝子で失明から視力回復、光遺伝学で新成果
  4. 2021.05.18 脳デバイスで卓球をプレイ、麻痺男性がE・マスクのサルに挑戦状
  5. 2021.05.11 自宅で結果がすぐ分かる「家庭用新型コロナ検査キット」を試した
  6. 2021.04.23
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る