アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ]

MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2017.02.16 強力な遺伝子編集手法「クリスパー(CRISPR)」の特許論争で裁定
  2. 2017.02.15 米国、CRISPRによる生殖細胞の遺伝子編集を限定解禁へ
  3. 2017.02.13 遺伝子ドライブによる
    ネズミの根絶は、
    自然保護といえるのか?
  4. 2017.02.10 産総研の研究者、激減する蜂の代替を目指して受粉ドローンを開発
  5. 2017.01.27 ヒト・ブタの人獣混合種実験はほぼ失敗