KADOKAWA Technology Review
×
アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ] 米国版 医学生物学担当上級編集者
MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2019.05.24 有名バイオハッカー、無免許医療行為の疑いで聴取へ
  2. 2019.05.10
  3. 2019.05.08 脳信号を音声に変換、UCSF研究チームが新アプローチ
  4. 2019.05.08 グーグルが遺伝子治療ベンチャーに出資、CRISPRで心臓病を予防
  5. 2019.04.21 遺伝子編集ベビーの科学者、タイム誌の「最も影響力のある100人」に
  6. 2019.04.18 米国初のCRISPRによるがん治療、ペンシルベニア大で始まる
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る