KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。
アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ] 米国版 医学生物学担当上級編集者
MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2019.11.21 CRISPR療法、鎌状赤血球症と地中海性貧血の治療で新成果
  2. 2019.11.06 遺伝性アルツハイマーの発症を抑える遺伝子変異を発見
  3. 2019.10.25 CRISPRの欠点克服へ
    ハーバード大学が新手法
    「プライム編集」を発表
  4. 2019.10.16 「遺伝子編集ベビー」の未来はプーチンの手中にある
  5. 2019.09.20
  6. 2019.09.19
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る