KADOKAWA Technology Review
×
クーポン利用で年額5000円オフ
購読キャンペーン実施中!
アントニオ レガラード[ Antonio Regalado ] 米国版 医学生物学担当上級編集者
MIT Technology Reviewの生物医学担当上級編集者。テクノロジーが医学と生物学の研究をどう変化させるかについて追いかけ、記事を書いています。2011年7月にMIT Technology Reviewに参画する以前はブラジルのサンパウロを拠点に、科学やテクノロジー、ラテンアメリカ政治について、サイエンス誌や他の刊行物向けに記事を書いていました。2000年から2009年にかけては、ウォールストリートジャーナルで科学記者を務め、後半は海外特派員を務めていました。
  1. 2020.05.22 新型コロナ、ワクチンで免疫獲得か ハーバード大などがサルで確認
  2. 2020.05.20 あの風邪はCOVID-19だった? 米国初の抗体検査をDIYで実施した男
  3. 2020.05.18 回復患者の血液から
    新型コロナ治療薬を探す
    開発競争、その険しい道のり
  4. 2020.05.15 新型コロナ重症化と遺伝子との関連は? 23アンドミーなどが研究中
  5. 2020.05.14 クリスパー開発者らが挑む
    「全員検査」を実現する技術
  6. 2020.05.05 新型コロナ、免疫が持続しない可能性も=「風邪」にヒント
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る