KADOKAWA Technology Review
×
マガジン刊行記念「Vol.1 AI Issue」を新規購読でプレゼント。
さらに割引も。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ヴィーガン向け「究極」の乳製品フリーアイスが登場
Itafurm, Creative Commons
A biotech startup is making cow-free ice cream. Would you eat it?

ヴィーガン向け「究極」の乳製品フリーアイスが登場

パーフェクト・デイ(Perfect Day)という企業が、5年の歳月と6000万ドルを投じて、遺伝子組換えをした酵母からとれたホエイプロテインを原料としたアイスクリームの製造に成功したと発表した。

ここ数年で、乳成分を含まないアイスクリーム市場は急速に拡大している。調査会社のニールセンは2017年に、乳製品フリーのアイスクリーム市場の需要は50%増加すると予想した。ヴィーガニズム(絶対菜食主義)の人々が増加し、オーツやココナッツ、そしてひよこ豆のような原料から作られる非乳製品ミルクが手に入れやすくなり、知られるようになってきたからだ。

乳製品不使用のアイスクリームを味わったことのある人なら、じゃりじゃりしたり、粉っぽかったり、あるいはもっと単純に、本物とは違ったりすることをご存じだろう。これは、アイスクリームをあれほどまでにクリーミーにしているのが、牛乳に豊富に含まれているホエイプロテインであるからだ。カシューナッツやココナッツミルクは、乳製品と同様、たくさんの脂肪を含んでおり、凍ったお菓子にシルキーな質感をもたらせるため、食感はかなり近くなるが、まったく同じにはならない。だが、パーフェクト・デイは酵母に手を加えて、ホエイプロテインを産生するようにした。つまり、ヴィーガンや乳糖不耐症の人、そして他の誰にとっても、究極の折衷案を作り上げた可能性がある。

このアイスクリームが遺伝子組換え食品なのかという問いに対する答えは、イエスでもあり、ノーでもある。パーフェクト・デイはWebサイトで、使用している酵母は、砂糖をホエイとカゼインに変えるように遺伝子組換えしたものだと述べている。だが、アイスクリームに入っているのは「純粋な」ホエイだけだという。

この製品がロングセラーとなるかどうかは、まだ不透明だ。自身がヴィーガンであるザ・ニュー・フード・エコノミー(New Food Economy)のライターは、他の乳製品フリーのアイスクリームに十分対抗できるほどクリーミーであると評した。しかし、審判は、昔ながらの牛乳から作られたアイスクリームと比べて味がどうかによって下されるのだ。

ターニャ・バス [Tanya Basu] 2019.07.15, 9:57
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
マガジン刊行記念 15%OFF
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る