KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

AIは失業と同じぐらい新たな雇用を生む、PwCが予測 A new report says AI will replace as many jobs as it kills—but take that with a huge grain of salt

AIは失業と同じぐらい新たな雇用を生む、PwCが予測

コンサルティング企業のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が、 人工知能(AI)は失業と同じくらい、英国経済に雇用をもたらすと予想している

PwCのレポートによると、2037年までに英国の仕事の約20%が自動化されるが、新たな雇用も20%創出されるという。厳密には、約700万人が失業し、約720万人の雇用が創出されると主張している。このような予測にありがちな不確定要素をすべて考慮すると、20万の差は事実上無視できる。

PwCはAIの導入によって製造業分野の仕事はおよそ25%削減でき、実質的にほぼ70万人近い人が失業する可能性があるとの仮説を立てている。

一方、保健・社会福祉分野では、AIのおかげで新たな雇用がおよそ100万人分創出されると見込んでいる。

このような予測はかなり割り引いて聞く必要がある。約20年先の将来を見据えた雇用予測は、多くの仮説を基に計算されているからだ。レポートの執筆者はこう述べている。「私たちは、AIが仕事に及ぼす実質的な影響は、ほぼ中立だろうとの推測を主軸としています。推測結果を楽観的あるいは悲観的シナリオへと導く可能性がある不確定要素は数多くあります」。

企業や研究者、コンサルタントたちの間では、自動化によりどの程度、雇用や職務権限が無くなるかについて激しく意見が対立している 。信頼できるグループによるレポートは一般的な動向を予測するのに役立つが、私たちがすべきことはテクノロジーに起因する失業について具体的な数字を探し求めるのではない。失業に対処する方法を見つけ出すことだ

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.07.19, 5:59
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る