KADOKAWA Technology Review
×
エリン・ウィニック[ Erin Winick ] 米国版 准編集者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。機械工学のバックグラウンドがあり、宇宙探査を実現するテクノロジー、特に宇宙基盤の製造技術に関心があります。宇宙への新しい入り口となる米国版ニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」も発行しています。以前はMITテクノロジーレビューで「仕事の未来(The Future of Work)」を担当する准編集者でした。それ以前はフリーランスのサイエンス・ライターとして働き、3Dプリント企業であるSci Chicを起業しました。英エコノミスト誌でのインターン経験もあります。
  1. 2019.06.11 1泊3万5000ドル、NASAがISSの商業利用受け入れへ
  2. 2019.06.04 NASA、月へ物資を輸送する民間企業3社を選定
  3. 2019.05.31 太陽系外惑星に生命は存在するか?MITの「形状可変鏡」年内試験へ
  4. 2019.05.28 スペースX、インターネット衛星60基を打ち上げ
  5. 2019.05.27 アポロ計画から50年
    月軌道ランデブーを支えた
    技術者は今もNASAにいた
  6. 2019.05.24 NASAとヴァージン、ロケットエンジン部品を3Dプリントで製造
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る