KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

進化戦略でゲームを攻略、ドイツの研究者が「ずるいAI」開発
Patryk Chrabąszcz
AI can beat us at games—but sometimes, that’s by cheating

進化戦略でゲームを攻略、ドイツの研究者が「ずるいAI」開発

アタリのビデオゲームをプレイする新しい人工知能(AI)は、そのまま放っておくと、ずるい手を使って高得点を挙げるようだ。

ドイツのフライブルク大学の研究者たちは、進化戦略と呼ばれる試行錯誤の手法を通して学習するAIを開発し、8種類のアタリのゲームと対戦させた。このAIは、うまく行く技は手放さず、役に立たない技は捨て去ることで、対戦方法を徐々に変異させていく。

ニュー・サイエンティスト誌によると、このAIが昔ながらのアーケードゲーム「Qバート」をプレイしたとき、通常とは異なる勝利戦略をいくつか開発したという。AIは点数を稼ぐために都合よく利用できるソフトウェアのバグを見つけ、プレイヤーキャラクターの自殺を綿密に計画することでゲームのステージをクリアしていくという荒技を発見した。

今回の結果は、進化戦略のアプローチにより、いかにAIが人間の手を借りずに成功を収め得るかを示しているという点で重要だ。しかし一方で、AIが目標を達成するために使える戦略について、人間が制限を加える必要があるかもしれないことを私たちに喚起している。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.03.01, 12:17
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
年間購読料 20%OFF
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る