KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

家賃高騰で都市に住めない人が続出、アマゾンが住宅を奪う? Amazon’s HQ2 could price lower-income workers out of its chosen city

家賃高騰で都市に住めない人が続出、アマゾンが住宅を奪う?

求人検索サイトのインディード・ドットコム(Indeed.com)の新しい報告によると、都市部における住宅価格の上昇により、労働者階級全体が都市部から追い出されていることが分かった。

たとえば、物価の高い都市部では、トレーラー整備の仕事に就く人は77%減少し、コンクリートの仕上げ工は67%減少している。一般的に、低賃金の職業に就く人は、非常に高い家賃を支払う余裕が無いという単純な理由で、その動向は見過ごされてきた。

ボストンはアマゾンの第2本社候補地リストに入っているが、高給取りのアマゾンの従業員5万人の家探しによって、すでに悪化している住宅市場は悲惨な状況になる可能性がある。リストにある他の候補都市も、第2本社に選定された場合は同様の問題に直面しそうだ。

さらに多くの低所得労働者が、物価の高い都市部から追い出されそうだ。これを防ぐために、シアトルが最近可決したばかりの「アマゾン税」のように、住宅の確保を保証する抜本的な対策の実行が都市部では強く求められるかもしれない。

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.05.23, 9:58
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る