KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

対中追加関税発動なら値上げは不可避、アップルが声明
Luis Villa del Campo | Flickr
Apple says tariffs on Chinese goods will raise prices for US consumers

対中追加関税発動なら値上げは不可避、アップルが声明

追加関税措置によって、米国における製品の値上げは避けられない——。アップルがこんな声明を出した。

340億ドル相当の中国製品に対する最初の関税が発動されたのは7月。追加で500億ドル相当の措置も発動され、新たに2000億ドル相当の追加関税も目前に迫っている。

米通商代表部への書簡の中でアップルは、中国に対する新たな関税措置はアップル・ウォッチやアップル・ペンシル、エア・ポッド、マック・ミニ、アダプター、ケーブル、充電器、製造機器や検査機器の価格を押し上げるだろうと述べた。アップルはさらに、「関税措置に対するわれわれの懸念は、米国が最も強い打撃を受けるだろうという点にあります。米国の成長と競争力の低下、米国の消費者が購入する製品の価格上昇につながってしまいます」とも述べている。

トランプ大統領は9月8日、「関税がゼロになり、税制優遇措置まで受けられる簡単な解決策がある。製品を中国ではなく、米国で作ることだ」とツイートした

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.09.11, 10:41
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る