KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

元グーグル幹部が中国にAI学校創設、毎年1000名の人材輩出目指す
Techcrunch | Flickr
China has a new plan to create an army of AI researchers

元グーグル幹部が中国にAI学校創設、毎年1000名の人材輩出目指す

中国が機械学習の学校を新設し、テクノロジー人材を大量生産しようとしている。驚くべきことに、北米の人工知能(AI)における最高の頭脳たちがそれを支援している。

中国は2030年までにAIにおける世界のリーダーになろうと計画している。この偉業を成し遂げるには、より多くのAI人材が必要だ。

ワイアード(Wired)の報道によると、グーグル・チャイナの元社長であり、現在はAIに焦点を当てた投資会社を運営しているカイフ・リー(李開復)は、より大勢のAI人材を中国で育成するための学校を創設した。AIを学んだ卒業生を毎年1000人近く輩出する計画だ。

クラウドからチップにわたるまで、AIプロジェクトの市場独占をかけて米国と中国が競争している。その背景には、現在起こっている技術的専門知識に焦点を当てた貿易戦争がある。

しかし、これはすべての人にとっての競争ではない。ジェフリー・ヒントン教授やジョン・ホップクロフト教授のような有名な欧米の研究者たちが招へいされ、新しい学校で教鞭をとる予定だ。一方でリーは、研究論文は米中両国で発表すると語っている。ドナルド・トランプ大統領は賛成しないかもしれないが、中国のAI資産の改善は米国と世界に利益をもたらすはずだ。

jackie.snow [Jackie Snow] 2018.04.06, 11:06
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
購読キャンペーン実施中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る