KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

中国警察がサイバーグラスを導入、顔認識で指名手配犯を逮捕
CHINA NEWS SERVICE
Chinese cops are wearing glasses that can recognize faces

中国警察がサイバーグラスを導入、顔認識で指名手配犯を逮捕

群衆の中の人々を識別する人工知能(AI)は、すでに中国で普及している。そして今では警官による監視の目も増やしている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、 LLビジョン(LLVision)製のハードウェアは、眼鏡に取り付けたカメラで撮影した画像データを携帯デバイスに送信。AIソフトウェアが容疑者の写真1万枚を格納したオフライン・データベースを約100ミリ秒で検索し、犯罪者を見つけ出す手助けをするという。ただし、精度については不明だ。

このスマートグラスは、大勢の人々が移動する中国の旧正月の時期に、混雑した人混みを監視するために使われる。人民日報によれば、鄭州市の鉄道駅ではすでに試用されており、指名手配犯7人と、偽の身分証明書を所持していた旅行者26人を捕らえたという。

LLビジョンによると、このシステムの大きな利点は、固定監視カメラに限らず、警察官が見るあらゆる場所で顔認識が可能になることだという。これをよいことと捉えるか否かはあなた次第だ。

更新:2月8日11時公開時の第3段落「偽造パスポート」を「偽の身分証明書」に変更しました。(2月12日07時35分)

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.02.08, 11:00
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る