KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

フェイスブックはファクトチェックの拡大を、第三者機関が報告
AP
Facebook isn’t doing enough to tackle misinformation, say fact-checkers

フェイスブックはファクトチェックの拡大を、第三者機関が報告

フル・ファクト(Full Fact)によると、フェイスブックはさらに透明性を高め、ファクトチェック(事実検証)プログラムをインスタグラム(Instagram)のような他のプラットフォームにも拡大していく必要があるという。フル・ファクトは、6カ月に及ぶ第三者団体によるフェイスブックの事実検証プログラムの一翼を担う非営利団体である。

フル・ファクトの発表は、フェイスブックのファクトチェック事業者による初の公開報告であり、ファクトチェック・プログラムが舞台裏でどのように機能しているか有益な知見を提供している。フル・ファクトの発表はこちらで閲覧できる

デマと思われる投稿にフェイスブックの利用者がフラグを立てるとフル・ファクトが検証し、正しい情報かデマかどうかを示すラベルを付ける。デマと判定されても投稿が削除されるわけではないが、ニュースフィードでの表示順位は低くなり、少数の人しか見られないようになる。フェイスブックはこの計画にかかる費用を支払っているが、運営は独立した非営利団体や慈善団体などが担っている。

報告書は当たり障りのない柔らかな調子で書かれているものの、フル・ファクトが大きな懸念を抱いていることは確かだ。具体的にはフェイスブックが、自らが対応できる速度や処理可能なコンテンツの量について適切な準備をする前に、ファクトチェック計画の規模を急速に拡大し、世界42言語にまで手を広げていることを憂慮している。またフェイスブックは、投稿の内容やその影響を評価するのに十分なデータを、ファクトチェック事業者と共有していないという。さらに報告書は、具体的な方法については明示してないものの、フェイスブックが現在のファクトチェック・プログラムで採用している評価システムには改善の余地があると指摘している。

フル・ファクトの11の提言の大半は、より「コンテキスト」を必要とする評価、風刺や悪ふざけに対する評価、繰り返し投稿される有害コンテンツにフラグを立てる新たなツールの導入といった、フェイスブックに対する技術的なフィードバックだ。ほかには、フェイスブックは「機械学習の計画について明らかにする」必要があるとも述べている。最後にフル・ファクトは、政府は信頼できる情報を提供する責任について見直すべきだとしている。

報告書は、ファクトチェック・プログラムには労力をかける価値があり、同種の計画が他のプラットフォームにも拡大されるべきだと結論づけている。またフェイスブックは、フィードバックに対して対応しているようだとも伝えている。

ボールはフェイスブックに移った。もしフェイスブックが、報告書の内容に応じて有意義な改善を実施的できなかった場合、その事実はフル・ファクトから知らせてもらえそうだ。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.08.01, 10:47
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る