KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

10年間の耐久テストを3週間でやるフォードのお尻ロボット Ford Has a Robotic Butt to Test Its Car Seats

10年間の耐久テストを3週間でやるフォードのお尻ロボット

その名も「Robutt」。冗談じゃなくて本当だ。フォードは機械化した臀部にそう名付け、自社の自動車に搭載するシートの耐久性試験に使用している(編注:buttはお尻のこと。robotとbuttの語呂合わせでRobutt)。

ネーミングはともかく、フォードはそのロボットを使うことを実に真剣にとらえているようだ。フォードは人間がどのように実際に車に乗り降りするかを圧力センサーを用いて計測。その結果を収集し、体格の大きい人間に基づいて製作した臀部のモデルで2万5000回座ったり、立ち上がったりをクーカ(KUKA)のロボット・アームを使って繰り返す。フォードによると、ロボットは10年間使ったときのシートの状態を3週間で再現するという。この検査をパスしたシートが自動車での使用に適合する。

ちょうど今週に入って、テスラが品質についての懸念を乗り越え、一部の自動車に用いるシートの自社生産に乗り出したとロイター通信が報じた。もしかするとRobuttの出番かもしれない。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2017.11.01, 18:45
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る