KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

GDPR違反でグーグルに制裁金、過去最高額の5000万ユーロ
Silas Stein | Picture Alliance | DPA | AP Images
France has handed Google a €50 million fine for breaking EU privacy laws

GDPR違反でグーグルに制裁金、過去最高額の5000万ユーロ

EUの一般データ保護規則(GDPR)に違反したとして、グーグルがフランス当局から5000万ユーロ(5700万ドル)の制裁金を科せられた。

フランスの情報処理および自由に関する国家委員会(CNIL)は、グーグルがEUのプライバシー保護法を2つの点で違反したと結論付けた。1つ目は、グーグルが自社のデータ収集ポリシーを正しく説明しなかったという点だ。2つ目は、検索エンジンやグーグルマップ、ユーチューブなどの自社サービス内で展開しているデータ処理や広告のパーソナライズに関して、ユーザーの同意を得ていなかったという点だ。

今回のグーグルに対する制裁金は、2018年5月に施行されたGDRPに基づく制裁金として現段階では最高額となる。CNILの措置は、オーストリアのプライバシー活動家であるマックス・シュレムスが設立した監視機関「NOYB」とフランスのデジタル権利団体「ラ・クワドラチャ・デュ・ネット(La Quadrature du Net)」からGDRP施行当日に寄せられた2件の訴えに対応するものだ。

一方で、議論の的となっているEU著作権法改正案は、11カ国が支持を撤回し、1月に予定されていた最終投票が中止された。投票は3月に延期となった。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.01.23, 11:27
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
年間購読料 20%OFF
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る