KADOKAWA Technology Review
×
ケーシー・クラウンハート[ Casey Crownhart ] 米国版 気候変動担当記者
MITテクノロジーレビューの気候変動担当記者として、再生可能エネルギー、輸送、テクノロジーによる気候変動対策について取材している。科学・環境ジャーナリストとして、ポピュラーサイエンスやアトラス・オブスキュラなどでも執筆。材料科学の研究者からジャーナリストに転身した。
  1. 2023.02.07 世界の「再エネ化」を進める材料、地球上に十分に存在
  2. 2023.01.24
  3. 2023.01.23 トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  4. 2023.01.18 リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  5. 2023.01.06 核融合、「悲願のブレークスルー」の読み解き方
  6. 2022.12.30 MIT発ベンチャーの「溶融塩」、送電網向け蓄電池の主流になるか
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る