KADOKAWA Technology Review
×
ケーシー・クラウンハート[ Casey Crownhart ] 米国版 気候変動担当記者
MITテクノロジーレビューの気候変動担当記者として、再生可能エネルギー、輸送、テクノロジーによる気候変動対策について取材している。科学・環境ジャーナリストとして、ポピュラーサイエンスやアトラス・オブスキュラなどでも執筆。材料科学の研究者からジャーナリストに転身した。
  1. 2022.09.04 海運業の脱炭素化で「アンモニア」が注目される理由
  2. 2022.08.30
  3. 2022.08.16 気候変動対策に4000億ドル、米「インフレ抑制法案」が可決
  4. 2022.08.09 米EV減税「諸刃の剣」、米国産バッテリー優遇で供給は間に合うか?
  5. 2022.08.04
  6. 2022.07.30 「インフレ抑制法案」は気候変動対策のゲームチェンジャーになるか?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る