KADOKAWA Technology Review
×
ケーシー・クラウンハート[ Casey Crownhart ] 米国版 気候変動担当記者
MITテクノロジーレビューの気候変動担当記者として、再生可能エネルギー、輸送、テクノロジーによる気候変動対策について取材している。科学・環境ジャーナリストとして、ポピュラーサイエンスやアトラス・オブスキュラなどでも執筆。材料科学の研究者からジャーナリストに転身した。
  1. 2024.05.24 「2023年は2000年に一度の酷暑」はどうやって調べるのか
  2. 2024.05.16 EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  3. 2024.05.10 エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
  4. 2024.05.07 クリーン・エネ転換で採掘負荷は大幅減、石炭の20分の1
  5. 2024.05.02 水素は万能か? 脱炭素のための現実的な利用法
  6. 2024.04.26 本誌読者が選んだ注目技術「熱電池」、その仕組みと作り方
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る