KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

2017年のサイバー攻撃の被害総額は1720億ドル、ノートン調べ
Bruno Fontes | Flickr
Hackers stole $172 billion from people in 2017

2017年のサイバー攻撃の被害総額は1720億ドル、ノートン調べ

2017年、20カ国9億7800万人もの人がサイバー犯罪によって金銭を奪われた。この事実はセキュリティ会社ノートン(Norton)によって報告された。

ノートンによれば、サイバー犯罪の被害額は1人あたり平均142ドルで、攻撃の対処におよそ24時間を費やしている。米国に限ってみれば、1億4300人がサイバー犯罪の被害を受け、総額194億ドルの損失を被った。

消費者から金銭を奪う目的で利用された手法は、ランサムウェアクリプトジャッキング(第三者のデバイスで勝手に暗号通貨を採掘する)のようなマルウェアだ。しかし、詐欺やパスワード流出なども大きな打撃となっている。

ノートンによると、多くの人は自身のサイバーセキュリティの腕を過信しているという。私たちはネット上でもっと用心深くあるべきだということを思い出さなければならない。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.01.24, 13:58
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る