KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米国でベーシックインカムの費用をAI企業に求める声
Half of Americans like universal basic income—and they want AI companies to pay for it

米国でベーシックインカムの費用をAI企業に求める声

ギャラップ(Gallup)の最近の調査によると、自動化によって職を追われた人々に対する救済措置として、米国人の48%が最低所得保障(ユニバーサル・ベーシック・インカム)が必要だと考えていることがわかった。

この問題についての見解は政党間で大きな隔たりがある。民主党支持者の65%がユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)に賛成だと回答する一方、共和党支持者ではわずか28%であった(特段驚くことではないが)。

とはいえ、UBI導入の賛成者のうち、増税によって財源を確保すべきと考えている人は45%だった。より多くは、人工知能(AI)を導入している企業や、それに関連して利益を得ている企業が財源を負担すべきと考えている。

しかし国家制度の革新のための資金を企業に負担してもらうというのは、いささか強引な手段だろう。ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)が本当に有効な手段であるのかどうかについては、マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院が始めた新しい12年間の研究が、良い手がかりになるはずだ。以前にも取り上げたように、UBIにはいくつかの大きな欠陥があることがわかっている。

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.02.02, 6:54
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
購読キャンペーン実施中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る