KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米司法省がイラン人9人を起訴、大学から研究データ盗んだ疑い Iranian hackers broke into systems used by 8,000 American professors

米司法省がイラン人9人を起訴、大学から研究データ盗んだ疑い

その攻撃は多くのデータや知的財産を盗むのが目的だった。

米司法省は、イラン企業マブナ研究所(Mabna Institute)で働いているイラン人ハッカー9人を起訴した。イスラム革命防衛隊に情報を流すため、米国人研究者が使っているコンピューター・システムをハッキングした疑い。

ハッカーらは22カ国において、米国の大学114を含む320の大学のシステムに侵入。盗まれた研究データの価値は約34憶ドルに上るという。

発表したロッド・ローゼンスタイン副司法長官は、学術研究機関は「アイデアのマーケットプレイスであり、研究開発の原動力」「外国のサイバー犯罪の第一標的となっている」と説明。大学やその他の研究機関は「サイバー・セキュリティの強化で脅威に備え、コンピューター・ネットワークを強固なものにしなければなりません」と付け加えた。

知的財産が盗まれることが今日、重大な問題になっている。3月22日、ドナルド・トランプ大統領は「巨額の知的財産が盗まれている現状」が関税を課す大きな動機になるとして、中国に対する新しい貿易関税を発表した。今回のニュースは、これがどのくらい大きな問題であるかを明らかにしている

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.03.26, 17:23
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る