KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

アマゾン、車のトランクを宅配ボックスにする新サービス
Amazon
Jeff Bezos wants to help you get your junk in your trunk

アマゾン、車のトランクを宅配ボックスにする新サービス

小包を家の中に届けるだけでは満足しないアマゾンは、あなたの車のトランクに荷物を届けたいと考えている。

ブルームバーグの報道によると、アマゾンはゼネラル・モーターズ(GM)とボルボと提携して、トランクへのキーレスアクセスを車の持ち主が許可するアプリを開発した。荷物配達に利用するためだ。サービスは、アマゾンプライム会員向けで、全米の37都市で利用できる。

今回のアプリは昨年開始された、不在時でも配達員が家の中に荷物を届けてくれるサービス、アマゾン・キー(Amazon Key)の一部である。顧客はクラウドベースのセキュリティカメラと共にスマートロックを購入して、荷物の配達を遠隔で許可して監視できる。

早急すぎるのではないだろうか。確かに、家の中や車の中へ配達すれば、玄関先から荷物が盗まれるリスクは無くなるかもしれない。だが、アマゾン・キーは開始時、ハッカーに対して脆弱性があった。ライノ・セキュリティ・ラボ(Rhino Security Labs)の研究者たちは昨年、何者かがWi-Fi経由でコマンドを送り、セキュリティカメラをオフラインすることが可能だと実証した。オフライン中にはシステムは屋内のフリーズした様子を写すだけであり、留守宅を誰かが引っ掻き回していたとして知る術はない。研究者とハッカー が、今回の新しいアプリの防衛力についても、様々な角度から突っつきまわすであろうことは間違いない。

jackie.snow [Jackie Snow] 2018.04.25, 8:27
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
購読キャンペーン実施中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る