KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米スーパー大手、自律自動車での配達を今秋から実験へ Kroger is turning to autonomous cars to solve the last mile problem for groceries

米スーパー大手、自律自動車での配達を今秋から実験へ

米スーパーマーケット・チェーン大手が、ロボット車両のスタートアップ企業であるニューロ(Nuro)と提携し、顧客のテーブルに食品を届ける。

電子商取引の大手企業は、商品を顧客の自宅に届ける最良の方法を模索してきた。いわゆる「ラストマイル問題」だが、食料品を扱うスーパーマーケットにとってはなおさら、悩みの種だ。食料品は多くの場合崩れやすく、腐りやすいからだ。

クローガー(Kroger)は今秋、自律自動車によるラストマイル配達の実証実験を実施する。人間のドライバーが前部座席に乗車するが、顧客が食料品を下ろすのを手助けしたりはしない。実験をできる限り本番に近づけるためだ。

クローガーは、オンライン注文と配達サービスに真剣に取り組んでいる。先月、同社はオンライン・スーパーマーケットのオカド(Ocado)に出資していることを発表し、同社の倉庫においてオカドの自動化技術を使用する計画も公表した。前四半期のクローガーのデジタル部門の売上高は66%増加している

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.07.02, 5:57
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る