KADOKAWA Technology Review
×
限定クーポン利用で年額5000円OFF
夏のキャンペーン実施中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

暗視ゴーグル不要に?裸眼で暗視できる技術を中国が開発 Mice have been given night vision with a nanoparticle eye injection

暗視ゴーグル不要に?裸眼で暗視できる技術を中国が開発

中国の研究チームは、赤外光を可視光に変換するナノ粒子をマウスの目の中に注入することで、裸眼で暗視ができるようにした。

目に注入されたナノ粒子は、光を電気信号に変換する網膜細胞に付着し、マウスの目には見えない赤外光を、目に見える緑色光に変換する。

マウスをしゃべらせる技術はまだ開発されていないので、ナノ粒子が目論見通りに機能したかどうかを確認するために、研究チームはマウスの目を赤外光で照らした。ナノ粒子を注入したマウスの瞳孔は縮小したが、対照群のマウスの瞳孔は縮小しなかった。別の実験では、マウスに2つの部屋を行き来させた。一方は暗い部屋で、もう一方は赤外光で照らされた部屋だ。すると、ナノ粒子を注入されたマウスの方が、暗い部屋で過ごす時間が長かった(ナノ粒子を注射されたマウスにとっては赤外光の部屋が明るすぎたことを示している)。

セル(Cell)誌に掲載された研究報告によると、赤外光が見えるようになる効果は、長期的な障害を引き起こすことなく、10週間続いたという(ただし、一部のマウスには最大2週間にわたって角膜混濁が見られた)。

同研究を実施した中国科学技術大学の研究チームは、この技術が人間でも使えると考えている。たとえば赤色色盲の治療に使える可能性がある。同チームは、この成果が民間目的と軍事目的の両方の応用につながると考えて、特許を申請している。しかし、暗視ゴーグルがすでにあるのに、見え方を変えてまで目へのナノ粒子注入を志願する人がいるかどうかは、まだ分からない。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.03.05, 6:55
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る