KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米セキュリティ企業、警察向けウェアラブルカメラにAI搭載を検討 Police body cameras could be about to get an AI upgrade

米セキュリティ企業、警察向けウェアラブルカメラにAI搭載を検討

法執行機関向けテクノロジーの大手製造メーカーは、21世紀の犯罪対策には人工知能(AI)を搭載したツールが必要不可欠だという。

米国の多くの警察で使われているウェアラブル・ボディ・カメラを製造するアクソン(Axon)は、手始めにカメラに顔認識機能を搭載し、AIを搭載することも検討している。ワシントン・ポストが報じた。

米国自由人権協会(ACLU)、全米黒人地位向上協会/全国有色人種向上協会(NAACP)、AIの社会的影響を研究しているAIナウ研究所(AI Now Institute)といった団体が署名した公開状には、警察には人種差別の歴史があり、AIを使ったテクノロジーが慎重に設計されなければ、人種差別などの問題が悪化する可能性があると主張している。

アクソンの創業者であるリック・スミス最高経営責任者(CEO)は、会社はリスクを心得ており、AI開発における指針作成を支援するために、警察官や市民権活動家、AI専門家で構成する倫理委員会を組織しているという。それでもなお、警察がこの種のテクノロジーを使うべきではないという提案は「世間知らずで、逆効果です」と述べている。

jackie.snow [Jackie Snow] 2018.04.27, 14:28
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る